【格安ビジネス】ANAでYVR-HND-SIN往復21万円!

 

ANAの海外発格安ビジネスクラス情報です。

バンクーバー~シンガポール往復ビジネスがおよそ21万円のセール中です。

ANAは、カナダ発東南アジア行きで格安な運賃を連発しています。

【格安ビジネス】ANAでYVR-SFO-TYO-KUL往復21万円!

2017.06.08

ANAビジネス バンクーバー~台北往復が22万円!S/Oすることでお得度up!

2017.04.09

 

 

運賃規則

最大滞在日数

第1便出発日から1年間有効になります。1年有効チケットは、ストップオーバーすることで複数の旅行に分割できるため重宝します。

本運賃適用日

2017年6月~2018年4月出発までは、料金変動ありますが、上記料金が確認できます。

座席クラス・運賃名

ビジネス(Pクラス) Special

ANAのアップグレードポイントは使えないクラスになっています。

ストップオーバー(途中降機)

往路・復路とも、1回100米ドルにて日本国内でストップオーバー可能です。日本国内ですから、東京で無くても良いです。石垣降機にして、pp貯めましょうか。

機材

全区間ボーイング787-9になります。どちらもスタッガードシートです。

※写真はANA公式ウェブサイトより転載

 

pp獲得手段としてはどうか?

獲得出来るppは以下の様になります。

往路:バンクーバー~羽田 3676 pp、羽田~シンガポール 3877pp

復路:シンガポール~羽田 3877pp、羽田~バンクーバー 3676pp

往復合計  15106 pp

pp単価:14.2 円

全行程ビジネスですので、まずまずではないでしょうか?

このチケットを修行として利用しようと思った場合のppはどうなるでしょうか?日本国内での途中降機地を、石垣にしてみましょう。

プレミアムポイントシミュレータで、HNDーISGのppを計算すると、国際線チケットの国内線乗継になりますので、運賃4が適用され、2448ppになります。往復ともこちらが適用になりますので、15106+2448×2=20002ppです。

さらに、こちらにISGからHNDに帰ってくる、プレミアム旅割28を往復それぞれに、くっつけます。ISGーHNDのプレミアム旅割28で獲得できるppは3460ppです。往復で6920ppです。

夏場のHND-ISGのプレミアム旅割28は、簡単に調べた所、おおよそ30000円程度です。往復に60000円の追加出費でppが6920pp獲得できます。

全体のpp単価を再計算すると、基本運賃214600円に途中降機手数料11000円(100USD)×2、HND-ISGプレミアム旅割28の往復料金60000を加え、296600円です。

合計獲得見込みppは、26922ppです。

pp単価は11円程度になりました。ANAのビジネスで、この効率、なかなかです。

獲得できるマイルは?

プラチナ会員1年目(事前サービス含む)、クラスPで計算し、獲得出来るマイルは以下の様になります。

往路:バンクーバー~羽田 6388マイル 、羽田~シンガポール 4404マイル

復路:シンガポール~羽田 4405マイル、羽田~バンクーバー 6388マイル

羽田~石垣往復(運賃4):2325×2=4650マイル

羽田石垣往復(プレ旅28;運賃2):2983×2=5966マイル

合計マイル:  32200マイル

やはりプラチナ会員のボーナスマイルが効いています。

まとめ

 

最大滞在日数が1年のチケットですので、途中降機して複数の旅程に分割することがおすすめです。

 

2017年7月某日(夏休み):バンクーバー~東京(東京で途中降機)

2017年12月某日(年末年始):東京~シンガポール

2018年1月某日(年末年始):シンガポール~東京(途中降機)

2018年7月某日(夏休み):東京~バンクーバー

 

 

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください