アビアンカ航空のライフマイルについてのまとめ

 

アポロンです。

アビアンカ航空のマイレージプログラム『LifeMiles(ライフマイル)』についてまとめたいと思います。

 

アビアンカ航空ってどこの航空会社?

アビアンカ航空、聞きなれない航空会社ですが、Wikipediaによると、南米コロンビアのフラッグキャリアだそうです。残念がら日本への直行便は飛んでおりません。

アビアンカ航空は、スターアライアンスに所属しています。そのため、アビアンカ航空の LIfeMiles にマイルを貯めていけば、そのマイルで、同じスターアライアンスに所属する航空会社の特典航空券を発券することが出来ます。

アビアンカ航空のLifeMilsのメリットは、以下が挙げられるかと思います。

 

  • LifeMileで発券するスタアラ特典航空券は必要マイル数が比較的少なめに抑えられている。
  • 定期的な大型Buyマイルキャンペーンを開催することが多い。(100%ボーナス付与を4半期に1度程度)
  • オンラインで航空券予約が可能で、支払いにマイルとキャッシュを併用できる。
  • 片道発券も可能。その際Web発券画面で出てくるルートならレグ数の縛り無し。
  • ストップオーバー可能。ストップオーバーは不可能でした。乗り継ぎが必要な場合次のフライトまでは8時間までしか許容されないようで、ここがアビアンカ特典航空券の弱点でもありました。
  • 燃油サーチャージなし。

 

ライフマイルを入手するには?

これは、Buyマイルが最も効率が良いと思います。というのも、アビアンカ航空は,Buyマイルに対して、定期的に大規模セールを行います。そのセール内容は、購入マイルに対して、100~125%程度のボーナスマイルを付与するというものです。以下は、2016年11月29日~12月20日まで、行われていたセールの内容になります。LMは、LifeMileの略語です。101000LM以上購入すると、2倍+25%のボーナスが付いていることがわかります。そして、もし15万LM購入すれば、入手できるマイル数はなんと337500LM!!

ちなみに、1000LMあたり33USD+Taxで購入可能です。

101,000マイル購入すると、227250マイル獲得でき、必要経費は 3333USD+Tax、円にして383295円+Tax(1USD=115円として)となります。150,000マイル購入すると、337500マイル獲得でき、必要経費は、4950USD+Tax、円にして569250円+Tax(1USD=115円として)となります。

マイルには、2年間の有効期限があるため計画的な購入が必要になります。しかし、失効した後も、1,000LMあたり15USD+Tax支払えば、再び有効化できます。

LifeMilesの特典航空券考察

 

ライフマイルのスターアライアンス特典航空券必要マイル数など確認したいと思います。

以下に示すのは、North Asia発アジア~オセアニア圏の必要マイルチャート表になります。世界全体のチャートを確認したい方は公式ウェブサイトにチャート表が掲載されていますので、そちらから御確認ください。以下の数値は片道分の必要マイル数であり、往復の場合には、2倍必要になります。

Class North Asia South Asia Central Asia Others
North Asia Economy

Buisiness

First

15000

22500

30000

20000

36000

50000

30000

48000

66000

20000

40000

50000

 

ちなみに、以下がそれぞれのエリアに含まれる国になります。

North Asia

日本、韓国、北朝鮮、中国、台湾、香港、モンゴル、フィリピン、パラオ、マリアナ諸島(サイパンなど)、グアム、マカオ

South Asia

バングラディシュ、マレーシア、ブルネイ、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、タイ、ラオス、ベトナム

Central Asia

アフガニスタン、パキスタン、インド、スリランカ、カザフスタン、タジキスタン、キルギス、トルクメニスタン、モルディブ、ウズベキスタン、ネパール

この中で、South Asiaのビジネス往復は往復72000マイルとなっており、上記のようなキャンペーン時にマイル購入したと仮定して、必要経費は12~13万円程度です。燃油サーチャージがかからないこと、また目的地までのレグ数が多くなっても追加料金などかからない、ストップオーバーできることを考えるとなかなか魅力的な価格ではないでしょうか?

そして、Central Asiaのモルディブビジネス往復が、96000マイルで、およそ、19万円です。こちらは、シンガポール航空なら魅力的かもしれませんが、検索した所、なかなか、シンガポール航空利用便は空席が無いようです。まぁ、あったとしてもシンガポール~マーレ間の機材はちょっと微妙なんですよね・・・。

アメリカビジネス往復が、15万マイル程度です。25万円程度ですね。こちらも、なかなか直行便に空きは無いようですがカナダ経由であれば結構空きがあるようですね。

まとめ

アビアンカ航空のライフマイルについてまとめてみました。すごくお得なマイレージプランというわけでも無いですが、バイマイルキャンペーンの時には購入を検討しても良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • アビアンカはストップオーバーできないのではないでしょうか。規約に可能とありましたでしょうか。

    • Tomo さま
      ご指摘ありがとうございます。私なりに根拠を調べて記載したつもりでしたが、再度調査してみたところ、たしかにアビアンカ航空はstopoverは困難でありました。むしろ、乗り継ぎ時間も8時間までしか許容されておらず、アビアンカ特典航空券の弱点とされていますね。大変申し訳ありませんでした。何かありましたら、またご教示いただければ助かります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください