モルディブ旅行まとめ~ココパーム・ボドゥヒティでの4泊5日~

 

新婚旅行でモルディブに行きました。私が行ったのは4年ほど前になります。予算の都合と休みを取得する関係上、雨季に行きました。

どこに行くか?

まず、モルディブに行くことを決めた人は、どこのリゾートにするか迷うと思います。基本的には1島1リゾートになるため、リゾートを渡り歩くという選択をしない限り、同じリゾート地で長期間過ごすことになります。そのため、どのリゾートを選択するかというのが非常に重要になってくる・・・どこを見てもこのように、リゾート選びが大切と書かれていました。そのため事前の準備は念入りに行いました。専用の旅行会社を何件かpick upしてこちらの条件を提示し旅行プランを提案してもらったり、個人のブログも相当に読み込みました。

予算の関係もありましたので、熟考を重ねた結果、私達夫婦が最終的にいきついたのは、ココパーム・ボドゥヒティバロス・モルディブの2つです。

ココパーム・ボドゥヒティ(公式HPから拝借)

 

バロス・モルディブ(公式HPから拝借)

どちらも、私が旅行前に念入りに個人ブログなどで調べた結果、素晴らしいハウスリーフ、フレンドリーな接客などとても素敵なリゾートであることが予想されました。

以下の条件で探していると、自然と行き着いた2つでした。

 

譲れなかった条件
①水上ヴィラであること ← これはもう絶対でした。一生に一回しか行かないかもしれないと思っていたので、良い思い出にしたかった。
②ハウスリーフが素敵 ← シュノーケリングは色々な方のブログを見る限り最高の遊びだと感じたため。

③部屋から直接海に降りられる階段がある ← これは本当に良かった。

④ シンガポール航空で現地4泊で1人35万円以内

 

バロスの水上プール付きヴィラがダントツでした。

バロスの水上プール付きヴィラ(公式HPから拝借)

ただし予算オーバーだったこと、こちらの希望日程で一部空きが無い日があったため都合を合わせることが大変で、ココパーム・ボドゥヒティになりました。

ココパーム・ボドゥヒティについては、基本的に好意的に記しているブログが多い中、唯一気になる記事がありました。それが、香港極妻日記さんのココパーム・ボドゥヒティに関する記事です。過去訪れたリゾートの中でワースト3に入り、リピートは無いという内容でした。

ブログを拝見するに、経済的に余裕がありモルディブ旅行慣れしている方のようでした。そのような熟練者にとっては不満でも我々のようなモルディブ初心者にとっては問題ないのではないかと、あまり気にはしていなかったのですが・・・。この方の意見ほどでは無いものの、私の感覚も結構近いものがありました。私も、もし再度モルディブに行くとして、ココパーム・ボドゥヒティには行きません。

ただ、妻と2人でとても楽しい旅行にはなりました。今でも良い思い出です。ココパーム・ボドゥヒティで素晴らしかった点は、自然の充実、特にハウスリーフが良かったことです。本当にこれにつきます。もしこれが無かったら救われなかったかもしれません・・・。

日本出発から~モルディブ到着まで

夜の羽田空港から出発しました。

このアイスクリーム甘いけど美味しかったです。

シンガポールで乗り換え。

チャンギ国際航空

機内食①

機内食②

マーレ空港到着

リゾートまではスピードボートで移動です。

途中でエンジントラブルのため1時間ほど海上停泊・・・必死に直すスタッフさん

なんだかんだ到着してレセプションに向かいます。

 

水上ヴィラの様子など

受付完了。部屋は水上ヴィラの411です。

大人しいお祝い飾り。

ハネムーン特典のフルーツとシャンパンハーフボトル。シャンパンが溶け切った氷水に浮かんでおり、ボドゥヒティクオリティの本領が既に発揮されております。

洗面台が2つあるのは助かりました。

シャワーの水圧は弱めだけど、ここは海にぽつんと浮かぶ島。自然を大切にすれば自ずとシャワーの水圧も弱くなるでしょう。不満はないです。

コテージにはデイベッドもあります。シュノーケリングか、ここで読書が多かったです。

到着時には、葉っぱや虫が浮いていました。こういうちょっとしたところにボドゥヒティクオリティが見て取れます。でも、このプールは本当に良かったです。海から上がってここで塩水を落とす。最高に気持ちよかった。

 

夕暮れ時のヴィラ前通路。所々に、足についた砂を落とすための水が張られた瓶がおいてあります。

夜のヴィラ前通路。かなり暗いですね・・・。

桟橋へと続く通路。青くライトアップされています。

 

最高にクールな遊び!シュノーケリング!

海は本当に本当にキレイ。この世のものでは無いかのようです。

シュノーケリングは本当に楽しい!!!他の方のブログではこういう写真に全然面白みを感じなかったけど、自分がここにいて目の前に魚がいると想像してください。本当にテンション上がりますよ!!珊瑚もイキイキしており、本当に素敵でした。

こっち見ててかわいい

野生のウミガメは本当に感動した!10分位一緒に遊泳。息継ぎのために水上にちょこんと口を出すのが可愛かった!

事前に水上ヴィラのハウスリーフ側にウミガメが見れるという情報がありましたが、それは確かで私が海ガメを見たのも自身の411のヴィラ前あたりでしたの。

 

食事など

ある日の朝食。食事は可もなく不可もなく。

夜もこんな感じのビュッフェ方式。

起きて朝食食べてシュノーケリングして、疲れたら酒のんで昼寝して夕食食って本読んで、そんな毎日でした。

帰国

桟橋から出発、さようなら。

 

ボドゥヒティで良かった点

ハウスリーフが本当に素晴らしかった。珊瑚も魚も最高。カヌーも特典で無料で利用できて良い思い出です。

・・・以上。

 

ボドゥヒティが微妙だった点

中国人が本当に多くマナーが悪かった。私の感覚では、中国人70~80%、欧米10%、日本人は我々以外に1組。別にマナーが良ければ何も文句は無いのですが、隣のヴィラで夜中に大音量で音楽を流し続けており大迷惑でした。また、レストランは水着での入店が出来ないのですが、水着・サンダルで来る中国人の多いこと、入り口でスタッフに大きな布を渡され腰に巻くように促されておりました。スタッフも手慣れたもので、そのような方が多いのでしょう。

また、ホテルスタッフのホスピタリティにもやや疑問あり。終始、やっつけ仕事と言うか、ホスピタリティというものはあまり感じることが出来ませんでした。

部屋も、少しくたびれている感じは否めませんでした。

まとめ

モルディブの素晴らしい海を感じることは出来ました。ハウスリーフの良さに全てが救われました。それ以外については、微妙です。4つ星、5つ星を期待して旅行してはいけません。あくまでも3つ星リゾートという覚悟をもって向かう必要があると思います。残念ですが、再訪はありません。プール付きの水上ヴィラでコスパが良いという点で選ぶと後悔する人いると思います。お気をつけください。

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください