英語論文に悩む必要なし!Google翻訳がスゴイことになっている!

 

病院内の勉強会で、最新の知見の共有ということで英文抄読会を行っている施設も多いのではないでしょうか?もちろん、質の高い研究論文は、どうしても使用言語が英語に偏りがちなのでしょうがないのですが、けっこう大変なんですよね、英語論文の翻訳。

なんで日本語でなく英語がグローバルランゲージなのかと、恨みをもった先生も少なくないでしょう。

 

そんな時に役立つのが、Google翻訳です。

 

Google翻訳は進化している!

 

はっ?Google翻訳?使ったことあるけど、あんなもの大筋も理解できないような理解不能な日本語訳を叩き出す役立たずじゃねーか。

 

そんな声が聞こえてきそうですが、数年前のGoogle翻訳さんと、今のGoogle翻訳さんは別人のようですよ。

まとまった文章を突っ込んでも、かなり意味のとれる日本語訳が作られるようになっています。

 

例えば、Physical Therapyの2016年11月号に載っていた以下の論文アブストラクト。タイトルはExercise for Osteoarthritis of the Hipです。

<LEAP> highlights the findings and application of Cochrane reviews and other evidence pertinent to the practice of physical therapy. The Cochrane Library is a respected source of reliable evidence related to health care. Cochrane systematic reviews explore the evidence for and against the effectiveness of appropriate interventions—medications, surgery, education, nutrition, exercise—and the evidence for and against the use of diagnostic tests for specific conditions. Cochrane reviews are designed to facilitate the decisions of clinicians, patients, and others in health care by providing a careful review and interpretation of research studies published in the scientific literature.1 Each article in this PTJ series summarizes a Cochrane review or other scientific evidence on a single topic and presents clinical scenarios based on real patients or programs to illustrate how the results of the review can be used to directly inform clinical decisions. This article focuses on an adult patient with osteoarthritis of the hip. Can exercise help this patient?

Osteoarthritis (OA) is the most common form of arthritis and is characterized by a progressive degeneration of the joint, affecting most frequently the hands, knees, and hips. Radiographic signs of OA include joint space narrowing, subchondral bone sclerosis, and osteophyte formation. The loss of cartilage is often associated with synovium inflammation,2 thickening of the capsule, and muscle weakness.3,4 Osteoarthritis is a leading cause of disability, especially in the elderly population, with pain and functional limitation being the main associated symptoms.5

Management strategies for OA of the hip include a combination of nonpharmacological and pharmacological modalities. Education, exercise, and weight loss are considered to be core treatments by international guidelines610 and should be considered as the first management option, before medications. When medication is needed, the treatment starts with paracetamol or nonsteroidal anti-inflammatory …

 

 

これをまんま、Google翻訳にぶち込んでみます。

そこで出力される日本語訳が以下になります。

<LEAP>は、Cochraneレビューの発見と応用、および理学療法の実践に関連するその他の証拠を強調しています。コクラン図書館は、ヘルスケアに関連する信頼できる証拠の尊重された情報源です。コクランの体系的レビューは、薬物療法、外科手術、教育、栄養、運動などの適切な介入の有効性と、特定の条件に対する診断テストの使用に対する証拠を検証します。コクランのレビューは、科学文献に掲載された研究研究の慎重なレビューと解釈を提供することにより、臨床医、患者、その他の医療機関の決定を容易にするように設計されています.1このPTJシリーズの各記事は、実際の患者またはプログラムに基づく臨床シナリオを提示して、レビューの結果がどのように臨床的決定を直接通知するために使用されるかを示す。この記事では、股関節の変形性関節症の成人患者に焦点を当てています。この患者に助けを行使することはできますか?

変形性関節症(OA)は関節炎の最も一般的な形態であり、関節、手、膝および腰の最も頻繁に影響を与える進行性の変性によって特徴付けられる。 OAの放射線学的兆候には、関節腔の狭窄、軟骨下骨硬化症および骨棘形成が含まれる。軟骨の喪失は、しばしば、滑膜炎症、2つの肥厚、および筋肉の衰弱に関連する。変形性関節症は、特に老人集団における障害の主要な原因であり、疼痛および機能的制限が主な関連症状である。

股関節OAの管理戦略には、非薬理学的および薬理学的な様式の組み合わせが含まれる。教育、運動、および体重減少は、国際ガイドライン6〜10による中核治療とみなされ、投薬前の最初の管理オプションとみなされるべきである。投薬が必要な場合、治療はパラセタモールまたは非ステロイド系抗炎症薬で始まります…

どうですか?

結構、意味のわかる文章になっていると思いませんか?

 

もう一遍。

2016年10月号のPhysical Therapyから。

High-Intensity Interval Training and Moderate-Intensity Continuous Training in Ambulatory Chronic Stroke: Feasibility Study

Background Poststroke guidelines recommend moderate-intensity, continuous aerobic training (MCT) to improve aerobic capacity and mobility after stroke. High-intensity interval training (HIT) has been shown to be more effective than MCT among healthy adults and people with heart disease. However, HIT and MCT have not been compared previously among people with stroke.

Objective The purpose of this study was to assess the feasibility and justification for a definitive randomized controlled trial (RCT) comparing HIT and MCT in people with chronic stroke.

Design A preliminary RCT was conducted.

Setting The study was conducted in a cardiovascular stress laboratory and a rehabilitation research laboratory.

Patients Ambulatory people at least 6 months poststroke participated.

Intervention Both groups trained 25 minutes, 3 times per week, for 4 weeks. The HIT strategy involved 30-second bursts at maximum-tolerated treadmill speed alternated with 30- to 60-second rest periods. The MCT strategy involved continuous treadmill walking at 45% to 50% of heart rate reserve.

Measurements Measurements included recruitment and attendance statistics, qualitative HIT acceptability, adverse events, and the following blinded outcome variables: peak oxygen uptake, ventilatory threshold, metabolic cost of gait, fractional utilization, fastest treadmill speed, 10-Meter Walk Test, and Six-Minute Walk Test.

Results During the 8-month recruitment period, 26 participants consented to participate. Eighteen participants were enrolled and randomly assigned to either the HIT group (n=13) or the MCT group (n=5). Eleven out of the 13 HIT group participants attended all sessions. Participants reported that HIT was acceptable and no serious adverse events occurred. Standardized effect size estimates between groups were moderate to very large for most outcome measures. Only 30% of treadmill speed gains in the HIT group translated into overground gait speed improvement.

Limitations The study was not designed to definitively test safety or efficacy.

Conclusions Although further protocol optimization is needed to improve overground translation of treadmill gains, a definitive RCT comparing HIT and MCT appears to be feasible and warranted.

これをそのまま、Google翻訳にぶち込みます。

 

外来慢性脳卒中における高頻度間隔訓練および中強度連続訓練:フィージビリティスタディ

背景脳卒中後のガイドラインでは、ストローク後の好気性能力と運動性を改善するために中強度の連続エアロビクストレーニング(MCT)を推奨しています。健常成人および心臓病患者の間で、高強度間隔訓練(HIT)がMCTより効果的であることが示されている。しかし、HITとMCTは以前は脳卒中患者と比較されていませんでした。

目的この試験の目的は、慢性脳卒中患者のHITとMCTを比較した最終的なランダム化比較試験(RCT)の実現可能性と正当性を評価することでした。

デザイン予備RCTが実施された。

設定この研究は、心臓血管ストレス研究室およびリハビリテーション研究室で実施された。

患者少なくとも6ヶ月後ストローク参加した外来患者。

介入両方のグループが4週間、週に3回、25分を訓練した。 HIT戦略は、最大許容トレッドミル速度で30秒間のバーストを30秒から60秒間の休憩時間と交互に行うことを含む。 MCT戦略には、心拍予備の45%から50%での連続トレッドミル歩行が含まれていました。

最高酸素摂取量、換気閾値、歩行代謝コスト、分数利用率、最速トレッドミル速度、10メートルウォークテスト、および6時間歩行テストの次のような盲目的結果変数が含まれていました。分歩行テスト。

結果8ヶ月の募集期間中、26名の参加者が参加に同意しました。 18名の参加者が登録され、HIT群(n = 13)またはMCT群(n = 5)のいずれかにランダムに割り当てられた。 13人のHITグループ参加者のうち11人がすべてのセッションに参加しました。参加者は、HITは容認可能であり、重大な有害事象は発生しないと報告した。グループ間の標準化されたエフェクトサイズの見積もりは、ほとんどのアウトカム指標で中程度から非常に大きかった。 HITグループのトレッドミル速度の30%だけが地上歩行速度の向上に変換されました。

限界この研究は、安全性または有効性を決定的にテストするためのものではありませんでした。

結論トレッドミル・ゲインの地上変換を改善するためには、さらにプロトコルの最適化が必要ですが、HITとMCTを比較した最終的なRCTは実現可能であり、正当なものです。

どうですか?以前の、Google翻訳よりも格段に理解しやすい文章になっていると感じませんか?

Google翻訳が使いやすくなったのは、ここ最近です。

以下が公式発表です。

https://japan.googleblog.com/2016/11/google.html

 

本当に、ありがたいです。是非使い倒しましょう!!!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください